いまさらですがAJax

Ajaxでしたい事

上の図のような事をしたいと思いました。
他のサイトのデータを複数の表示サーバーに表示させます。何行でも、どのようにでも自由にデザインが可能です。htmlでもJavascriptでも可能なので、データの管理が簡単になります。

通常ならIFRAME(インラインフレーム)が簡単ですが、表示の状態が限定されてしまうので出来れば<Div>ここに表示データ</Div>としたかったのです。

<Div>タグではなく別のタグでも可能ですが、今回はDivタグです。

上の図のa~eのサイトは自分で運営中のサイトで他のサイトではありません。
eのサイトはAccess-Control-Allow-Originヘッダでアクセス認めています。
他のサイトでは基本的にはできないのでご注意ください。


MDNのオリジン間リソース共有について

eのサイトの.htaccess

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
	
Header append Access-Control-Allow-Origin: *

.htaccessはフォルダーごとに制御可能なのでセキュリティの問題も含めてサブホルダーにしてください。Header append Access-Control-Allow-Origin: *を.htaccessに追加、無ければ作成します。誰でもアクセスできるのでipを限定するなども必要かもしれません。

eサイトのデータ送り出す出口のPHPプログラム

function sub_upload($trans){
	global $x;

	header("Content-Type: application/xml; charset=utf-8");
	print  '<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>' ;
	print "<main>";
	print "<text>";
	foreach($trans as $t){
		print rawurlencode($t);
	}
	print "</text>\n";
	print "<id>$x</id>";
	print "</main>";
	//
	return;
}

<text>表示内容</text>です。
<id>表示するIDです。</id>リクエストの内容$xをそのまま返します。非同期通信なのでクライアント側から送った後にデータを返します。その時に表示位置がないと何処に表示していいかがわかりません。これは複数のデータがある場合は必要です。


a~cサイトの表示部 いくつでも可能

<div name="display-ajax" id="aaaa" style="display:none">m=data1&mode=0&x=aaaa</div>
<div name="display-ajax" id="bbbb" style="display:none">m=data2&mode=8&x=bbbb</div>

style=”display:none”で表示を消していますが、m=data1&mode=0&x=aaaaをeサイトに送ります。id=”aaaa”が表示位置のタグでX=aaaaが返す再のIDになりますので何でも良いですが同じで尚且つ他のIDとは重複しないID名にして下さい。name=”display-ajax”はすべての表示行で同じ必要があります。name=”display-ajax”をJavascriptでさがします。

最初は<div></div>に書いている内容をeサイトに送り、受けとったデータをここの表示内容と入れ替えます。

a~cサイトのJavascript

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.5.1/jquery.min.js"></script>
	<script>
			window.onload = function() {
				var elements = document.getElementsByName('display-ajax');
				if (elements[0]!=void 0) {
					for (var i = 0; i < elements.length; i++) {
						var nd=elements[i].innerHTML.replace(/&amp;/g, '&');
						$.ajax({
							type: "POST",
							url: "https://e.com/atara/ktara/download.php",
							cache: false,
							data: nd,
							dataType:'xml',
							success: function(msg) {
								var z=$(msg).find("text").html();
								var a_id=$(msg).find("id").html();
								z=decodeURIComponent( z );
								$('#'+a_id).html(z); 
								$('#'+a_id).css("display","block");
							}
						})
					}
				}
			}
	</script>

Jqueryを使いました。そのままJavascriptで書いたらなぜか転送したJavascriptが動かずに調べるのも面倒だったので…..属性があるのですかね?Jqueryでも動くのと動かないのがあるようで、その場合はJavascriptだけを共通にして最初から組み込んでいます。

Jqueryはgooglから持ってきてます。サイト側にあれは一番上の行は不要です。

内容は簡単で「https://e.com/atara/ktara/download.php?m=data2&mode=8&x=bbbb」と送り出され、eサイトのphpで処理された表示データが<text></text>の中にrawurlencodeでエンコードして送られJavascriptでdecodeURIComponentでデコードします。ポイントはその際に表示IDも返すことで、複数行でも対応可能です。

HTMLの文中に<div name=”display-ajax”があれば内容を書き換えます。何行も可能です。

+2

PHPのHTMLメールで添付ファイル

なぜかmb_send_mailはだめでmail関数です。

ググってみると、mb_send_mailで日本語の処理がうまく行かずにmailを使用している例はありますね。本来なら日本語は得意のはずなのですが、ローカルの仮想サーバーなので簡単にテストが出来,かなり試しましたが日本語が [ ] になります。文字化けでもないし、消えている感じです。元々mail関数でテキストの送信をやっていたので、HTMLの送信で、添付ファイルを付けます。

それぞれContent-Typeが異なるので BOUNDARYでエンコードを変えていきます。以下サンプルです。動作環境はWINDOWS10 XAMPP でphp7.4.8です。

22行目 $body.="\n"; を忘れてHTMLが表示されなくなりました。

<?php

/*****************************/
/*   メール送信      */
/*****************************/
function SendAttachedMail( $mail_from , $mail_to , $subject , $body_html , &$file ){
	$subject="=?iso-2022-jp?B?".base64_encode(mb_convert_encoding( $subject , "jis" , 'utf-8' ))."?=";
	$mail_from_name = $mail_from;
	$boundary = "__BOUNDARY__". uniqid( rand() , true ) . "__";
	//
	mb_language( 'Japanese' );
	mb_internal_encoding( 'UTF-8' );
	//--ヘッダー
	$headers= "MIME-Version: 1.0\n";
	$headers .="Content-Type: Multipart/Mixed; boundary=\"$boundary\"\n";
	$headers .="From: " . mb_encode_mimeheader($mail_from_name) . "< $mail_from >\n";
	$headers .="Content-Transfer-Encoding: 7bit\n";
	// body
	$body="--$boundary\n";
	$body.="Content-Type: text/html; charset=\"UTF-8\"\n";
	$body.="Content-Transfer-Encoding: binary\n";
	$body.="\n";
	$body.=$body_html."\n"; 
	// 添付ファイル
	 if ($file) {
			foreach ($file as $value){
				$filename = mb_encode_mimeheader( mb_convert_encoding( basename( $value ) ,  "ISO-2022-JP" , 'auto' ) );
				$body .= "--$boundary\r\n";
				$body .= "Content-Type: application/octet-stream; name=\"$filename\"\r\n";
				$body .= "Content-Transfer-Encoding: base64\n";
				$body .= "Content-Disposition: attachment; filename=\"$filename\"\r\n";
				$body .= "\n";
				$body .= chunk_split( base64_encode(file_get_contents($value) ), 76 ,"\r\n" );
				$body .= "\r\n";
			}
	 }
	$body .= "--$boundary--\r\n";
	// 送信部分
	if(!mail ($mail_to,$subject, $body , $headers)){
	  echo "送信失敗";
	}else{
	  echo "送信成功";
	}
}
/*------------------------------------
			本文
------------------------------------*/

$data[0]="次元";
$data[1]="哲郎";
$data[2]="ジゲン";
$data[3]="テツロウ";
$data[4]="男";
$data[5]="2000/01/01";
$data[6]="35歳";
$data[7]="hoge@hogehoge.com";
$data[8]="000-0000-0000";
$data[9]="心象のはひいろはがねからあけびのつるはくもにからまりのばらのやぶや腐植の湿地いちめんのいちめんの諂曲模様";
//
$body = "<html><body>";
$body .="お問合せ頂きありがとうございます。<br>\r\n";
$body .= "<hr><br>\n";
$body .= "<img src=\"https://~/images/ojigi.png\" height=\"200\" align=\"left\">\r\n";
$body .= "お名前カナ:[ $data[2] ] [ $data[3]] <br>\r\n";
$body .= "お名前漢字:[ $data[0] ] [ $data[1] ] <br>\r\n";
$body .= "性別:$data[4] <br>\r\n";
$body .= "生年月日:$data[5] <br>\r\n";
$body .= "年齢:$data[6] <br>\r\n";
$body .= "メールアドレス:$data[7] <br>\r\n";
$body .= "電話番号:$data[8] <br>\r\n";
$body .= "ご相談内容:<br>\r\n";
$body .= "$data[9] <br><br>\r\n";
$body .="<hr><br><b>写真の入力はここをクリック</b><br>\r\n";
$body .="<img src=\"https://~/images/clear.gif\">";
$body .="<a href=\"https://~\"><img src=\"https:~/images/bt1.png\"></a>";
$body .="<img src=\"https://~/images/clear.gif\">";
$body .="</html></body>";
//---- 添付ファイル---
$file[]="./tmp/aaa.jpg";
//
//---- 送信 ----
//
$mail_to="apon@hoge2hoge2.com";
$mail_from=$data[7];
SendAttachedMail($mail_from ,$mail_to , 'Test-ホームページ',$body, $file );
?>

メーラーも「Outlook」「WIndowsメール」「Thunder bird」「秀丸メール」で表示する事を確認しています。

Thunderbird

htmlの画像はサンプルプログラムの実行なので表示されてませんが最後の画像は添付ファイルです。

+2

ランチャー

ミサイルの発射装置ではありません。パソコンのプログラムをショートカットで実行させるプログラムです。

MS-DOS時代から歴史あるソフトですが、ディスクトップにべたべたと貼っていて何かの拍子に移動したり、無くなったりしませんか?ランチャーを使うと固定できます。

↑ ディスクトップの背景を日替わりにして今日は見難いのですが、横配置や2列、3列などの配置が簡単でページの選択も可能です。拡大すると ↓ こんな感じです。

私的にお勧めはCLaunchで無料で公開されています。サイトはここダウンロードはVectorのサイトでできます。超優れもので高評価です。このようなソフトに出会うと嬉しいですね。

設定は多種多様で、常に表示させたり、クリックで表示させたりできます。ショートカットより便利です。

Google関係のアイコンです。

追記 2021/4/20

この表示はスキン、Vista-styleを使用しています。ディスクトップからドラック&ドロップで登録できるのも魅力です。

+2

Windows10 20H2 古いNASにつながらない!

LS-WX1.0TL/R1に繋がらない

Buffaloのソフト、NASNavigaton2では見えてるが、フォルダーを表示しない。

ところが、別のパソコンは認識している。これも同じバージョン20H2の最新
今頃かと思うでしょうが、以前に20H2に更新した時にあまりに調子が悪く、起動が遅いとか、画面が消えるとかの問題があり回復から「前のバージョンに戻す」で1909に戻して使っていました。2度も更新は来ないと思っていたのだがしつこく、勝手に更新されてしまいましたので何とかつなげようと頑張ってみました。

症状は改善しているかと思ったが、何も変わらい!1909から20H2にする必要性を感じないのだが、とにかくトライしてみることに!

検索で多く目にするのがSMBの設定です。

>SMBの1.0CIFSを3つともON

認識しているパソコンでは下記の通り、初期設定のままです。
これで認識していますが、NASを認識していないパソコン設定を変更して再起動しても症状は変わりませんでした。


>管理者を新登録して再起動

これも同じ症状で認識しません。

>サーバーをIPアドレスで表示、これも同じでエラーです。
>ネットワークを「プライベート」「パブリック」の確認。プライベートになっていますが、なぜか「パブリック」に切り替わりません。LANアダプターをリセットして再起動すると「パブリック」で起動しました。DHCPの設定が「手動」から「自動」になっていたので「手動」に戻そうとするとなりません。20H2のバグ? あちら、こちらを触っているといきなり再起動、再起動後は「手動」から「自動」に代わっていました。「パブリック」「プライベート」設定もスムーズに完了でもNASを認識しません。

>SMBを確認して設定

管理者で起動させたコマンドプロンプトで
sc qc lanmanworkstation
で確認

上の画面は接続できている側ですがSMB1.0は有効ではありません!

NASを認識していないパソコンに

sc config lanmanworkstation depend=Bowser/MRxSmb10/MRxSmb20/NSI
sc config mrxsmb10 start=auto

としても、再起動でも同じでつながりません!

>レジストリエディターでレジストリを書き換え

レジストリエディターを使って下記階層の値を変更します。
キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters
名前:AllowInsecureGuestAuth
データ:1(有効)
   ※0(無効)

この層にはAllowInsecureGuestAuthが無く、作って見ましたが結果は同じです。

>Windows10Proではローカルグループポリシーエディターの【安全でないゲストログオンを有効にする】の設定値を有効に設定

ファイル名のを指定して実行で「gpedit.msc」と入力

  1. コンピューターの構成をダブルクリック
  2. 管理用テンプレートをダブルクリック
  3. ネットワークをダブルクリック
  4. Lanmanワークステーションをクリック
  5. 安全でないゲストログオンを有効にするを右クリック
  6. 編集をクリック
  1. 有効にチェックを入れる
  2. OKをクリック

残念ながらこれもダメです。

● あきらめました!すくに新しいバージョン20H3もでるので、とりあえず動く方法です。

全てのそのNASのネットワークドライブの割り当てを解除します。
ネットワークドライブの割り当てで「サインイン時に再接続する」が無ければいいようです。

が、接続できてない状態でネットワークドライブを右クリックをするとはまります。固まります!

「コントロールパネル」から、「管理ツール」→「サービス」→「Workstation」を選んで「サービスの再起動」を押します。

NASはつながりました? つながらないならここでおしまいです。他のサイトを探してください。
NASがつながったなら、ネットワークドライブで右クリック、解除します。つながらないNASすべて解除してください。

再起動するとネットワークドライブは無いでしょうが「ネットワーク」から入いれると思います。とりあえずこの方法でいきます。

追伸 2021/4/24 20H2で繋がっいたPCがつながらなくなりました。

同じ現象ですね。とう言うことは、今回は20H2の問題ではなくその後の更新の影響ですね。
SMBの1.0CIFSを3つともONにしても同じでした!
このPCは2020/11/14に20H2に更新され、最近は2021/4/14にKB5001330がインストールされています。この影響?KB5001330はアンインストールには出ないので消せないようです。つながっていたノートパソコンも同じですね。3台中2台は20H2で見れたのですが、3台ともネットワークドライブにはつながりません。

0

無低電源装置APC RS-550の分解

定評のあるRS-550を分解してみました。

ブザーが鳴り続けるという現象です。液晶にも何も表示していません。基本的にはバッテリーの寿命ですが、停止スイッチでもブザーが止まず、商用電源は入って、停電もしてないのに出力は停止してつないでいたネットワークサーバーは停止でした。

2014年8月なので6年と半年です。

最初はバッテリーを外します。

後ろのネジ4本

バッテリーの蓋を開けているところですが、右側のネジ1本

前面パネルを下から持ち上げ、上に若干スライドをするとパネルが外れます。
その中の上下2本のネジです。これでネジは全て外れました。バッテリーの接続コードが穴から出てるのを注意してこの写真のように寝かせて、後ろ側を少し右に動かし上にはずします。

昔から気になっていましたが、コンセントがなぜ3つ、3つなのでしょうね?

やはり裏から見ると4つ分です。何かの制限ですか?

ネットワークのサージ防止とは

それなりの部品でちゃんとしてますね。
随分と昔し、近くに落雷があり町内全域でテレビやラジオが壊れました。今は電力会社がサージ防止をして、そこまで広がらないと思いますが 先日 電柱のトランスが不良で停電した時の復旧でサージが発生して複数のパソコンの電源が壊れました。

サージも全く無い事はないようなのでWANケーブルやLANケーブルの大元は通した方がいいのかもしれません。マニュアルには速度100とか1000とかは触れてないようです。

内部は思ったより複雑で、バッテリーを外し、再接続して起動したらブザーは停止して液晶もまともでした。何かが焦げているようにも見えず原因不明です。自動のセルフテストに失敗したのかもしれません。

今回は異常停止なので純正バッテリーも高く、本体毎の交換です。

互換バッテリーなら「秋月電子」に安くあります。PDFのデータシートを見て縦置きは△で使えそうですが自己責任ですね。寿命や性能は不明です。

内部には写真のようなバッテリーの温度センサーもありました。

無低電源が重たい原因はバッテリーとトランスです。トランスの方が安全なのでしょうか?時間があれば互換バッテリーのレポートもします。期待しないでください。

最近はリチウムイオンバッテリーなども多く、発火の恐れから寝ている時は充電をしないようにしています。でもこの装置はそうはいきませんので...

膨れたバッテリー、変形したバッテリーは保管中でも科学反応で発火のおそれありです。

0

100円ショップのスイッチ型ライトを分解

ダイソウのライトというかランプ

ONを押すと点灯しOFFで消灯、中央に主電源スイッチ

よく見たら、ケースを右と左を間違っているようですね!

中央は単4電池2本の電池フォルダーで左右に3灯、計6灯で明るさは十分

中央の黒いのが傾斜スイッチ、SW-200Dは中身は伝導帯の中を玉が転がる、下記の図からすると右側Cに玉が2つ伝導体を転がり、接触する。

このランプは最初は良かったのだが、最近は傾斜スイッチが接触不良気味で調子が悪い。
定格電流以上の電気が流れているようだ!

0

HP EliteDesk 600で再起動を繰返す。

最近2台続けて再起動を繰返すと言う症状です。

グラフックボードを外すと安定したように見える、DOSプロンプトを表示していると安定したように見える。タスクマネージャ表示中でも落着いて見えるとかの症状がありました。

WINDOWSのログを調べても、再起動時の異常「予期しないシャットダウンから起動しました~」のような記録しかなく、ウイルスかと疑いましたが!

原因は電源で再起動ではなくシャットダウンを繰返してました。

負荷の関係で動くソフトが増え消費電力が増えると落ちたようです。それでも、直ぐに再起動、PCにとっては最悪の展開です。それを繰返します。
電源装置、5FZAU0BZ610J9のシリアル番号、1週間違いで5FAZU0BZ7610GKも同じ症状で電源部を交換しました。なかり離れた番号は正常に動いてます。部品の品質の問題かも! この付近のPCは同じ爆弾を抱えてい恐れもあります。 注意 注意

追記:電源回りで一番多いのがコンデンサーの劣化による破裂です。今のパソコンでだいたい6年を越える頃からコンデンサーは劣化します。(周辺温度によって異なりますが!)このコンデンサーがある限り、例えば数十年と言う期間は残念ながら動きません。 余計な話ですがこのコンデンサーでは 遠い宇宙への旅行は無理ですね。

この故障はコンデンサーの破裂(劣化)ではありません。他の部品の劣化なので目視で見つけるのは難しいと思います。

0

NETGEAR 構築

クライアントの依頼でNASを構築、3TX4つをRAID5に
NETGEARは初めてです。3年保障で評価が高く安かったので使っていますが、RAID5の構築まで昨日の12時から27時間目
想定内です。

0

IPAD2 音が出ない

IPAD2で急に音が出なくなりました。
一度、購入後修理になり、交換していますが、それ以降音量調整のスイッチに違和感を感じていました。
音量UPの方は問題ないのですが、DOWNの方が少し硬いのです。
スイッチが動ないわけでもないのでそのまま使っていましたが音が出なくなった頃にDOWNが動かなくなりました。

音が出ないのはDOWNが押された状態ではないかと思いIPAD2を分解

ここが、回転ロック(音消し)と音量調整のスイッチ
一度ネジを外して見てみるも異常はなく、スイッチも動きだしたのでネジを締めて行くと動かなくなくなる。製品の精度の問題?右や左に力をかけながらネジを締めるも改善せずに結局はネジを半回転緩めた状態にしました。

この時は音は正常に戻りましたが、翌日はまた出ない!

●「サウンド」の調整では正常に出ます。ロック音、クリック音も「サウンド」の画面では正常です。
●イヤホンでは音はでます。
●ブルートースでは音はでません。

おかしな動き
●「サウンド」の調整時、1回目の音が出る瞬間に少し時間が(間があく)かかります。
●「サウンド」調整後、IPADを閉じるとロック音は1回だけでます。キーのクリック音も1回だけでます。

原因は

Docコネクターに髪の毛が付いていました。
エアーでDocコネクターを吹かしてみると2Cm程度の髪の毛が、最近は湿気も高いので微妙に通電したのかもしれません。

購入して3年目になります。修理に出すのも高いしね~と思いつつ、分解しましたがどーもWI-FIのアンテナを切ったみたいで感度が下がっています。髪の毛1本が高くついたなー

0

IE11でエクセル不調

事の始まり
<内容>
クライアントよりパソコンの調子が悪いとの連絡
詳細はワードでの画像の張付けが表示されずXになる。
ワードでの終了時に全文書対象のNormal.dotテンプレートに影響する変更が行われています。~」のエラーが出る。

ウイルス対策ソフトが入って無いのでウイルスの侵入が疑われる。
WINDOWS7 SP1 PRO 32bit
IE 11.0.3
Microsoft Word 2003
メモリー4G
メーカーHP
<調査>
マイクロソフトより「Microsoft Safety Scanner」をダウンロードしてインストールするもインストールできず。色々と調べて行くと『ファイル名.exe』が『ファイル名_exe』とドットがアンダーバーに変わっている。IEのインターネットオプションで「保護モード~」のチェックを外すも変わらず。とりあえずアンダーバーをドットに変えると大丈夫そうなので「ファイル名変更」でドットに、それで実行しウイルス検査を行う。http://www.microsoft.com/security/scanner/ja-jp/

詳細の検査なので時間がかかる。その間に「System Explorer」を窓の杜からダウンロードする。相変わらずドットがアンダーバーにそれをリネームして実行。http://www.forest.impress.co.jp/library/software/systemexpl/
SystemExplorerは高機能のタスクマネジャーで怪しいファイルのチェックができる。

ワードは文書は開くものの保存や印刷もできない。
終了時点でのエラーはマイクロソフトのサイトで調べて、Normal.dotを消しても治おらず、消しても作り直しもしません。他に保存されているかと思いCドライブを検索しましたが他には有りません。別のドライブにあるようです。

「アプリケーションの自動修復」も行いましたがダメです。

<ウイルス無し>

ウイルス検査は異常なしです。

高機能タスクマネジャーでも怪しいファイルは見つかりませんでした。

<原点へ>

マイクロソフトのサイトで「ドット」が「アンダーバー」を探しましたが、新しい情報をありません。

それでもう一度エクセル側から調べるとWindows7との組合わせではヒットしないですが、「Microsoft Word 2003 保存できない無反応問題の解決法 | PCオレンジ …」で似た内容がヒットその内容を参考に

<解決>

IEのインターネット一時ファイルを調べるとCドライブ以外の場所が・・・

結果、その場所の容量が小さく、IE11では一時ファイルの量が増えたためエラーが出たものと判断しました。ドットがアンダーバーになったのもそのせいです。

IE11にバージョンが上がったのが問題なのか、容量が少ない場所の設定を自動で引き継いだのが問題なのかはわかりませんが、エクセルの保存場所と連動しているとは思いもつきませんでした。PCオレンジのサイトに感謝です。http://pcorange.jugem.jp/?eid=64 ドットとアンダーバーの問題が新たに見つかりましたので、追加する形でUPしています。

<メモリー仮想ドライブ>

BUFFALOのサイトからダウンロードできます。

http://buffalo.jp/download/driver/memory/ramdisk.html (2013/5/14版)

別のパソコンにインストールしてみました。そうするとIE10ですが、インターネットの一時ファイルの場所が変更されました。

BUFFALOのサイト

http://buffalo.jp/products/new/2009/001036.html

ここにはIEとFIREFOXのキャシュをと書いていますので、IEの一時ファイルが移動したのは納得です。FIREFOXは27から一時ファイルの管理が変わっていますのでわかりまませんが、WORDの事は書いていません。

BUFFALOラムデスクユーティルテーで仮想DISKを作り、IEの一時ファイルが変わったのを確認して、別の容量が大きいファイルをラムディスクにいれ、IEでファイルのダウンロードを実験しました。

IE10では正常なエラーが表示されドットがアンダーバーにはなりません。

一時ファイルの設定値はラムディスク以下なので一時ファイルだけで容量を超えることは無いはずですが… 同じような状況ではないかとおもいますけどね。

IE11の問題でしょうか?

2014/3/3追加

UPDATEでIE11をインストール、問題が出たパソコンはIE11.0.3だったが今回は11.0.9600とさらにバージョンアップしている。 RAMドライブE:の511MBに適当なZIPファイル480Mを入れ残り30.5Mとする。

IEの閲覧の機歴がRAMドライブになっているのを確認して、使用するディスクの容量を8Mとしてダウンロード開始。
VideoStudioProX7体験版(1.9Gb)をダウンロードする
ドットがアンダーバーに変わることなく正常にダウンロード
さらに「使用するディスクの容量を250M」と完全に残りより多く設定してダウンロードするも正常です。


ステータスバーからは吹き出しで容量不足のメッセージがでます。


この状態でWORD2003を起動、適当に文面や画面コピーを貼り付け保存でも正常です。

問題の表示などは再現していますが、エラーの検証はできませんね。
なにか違うのでしょうね!

0