Mobile Slim IMW-C1000Wの分解

WIMAXのえMobile Slimの分解です。
工具は特殊なねじ回しと、前回と同じ100円ショップの便利ぐっつが必要です。
ネジは4本、ゴム製のフタが付いていますので外します。

続いて、便利ぐっつポイントブラシ2型のスクレーバーの方を写真の様に入れ周囲を回します。そうすると開いてきます。
全体が開くと、横から上側に沿って、スクレーバーを入れて、電池の両面テープをはがします。


ここの↑部分を剥がします。

さらに内部を開くなら電池を外す必要がありますが、コネクターを壊してしまいました。部品が小さく、簡単に壊れます。元に戻すならこれ以上は分解はやめた方がいいでしょう!

電池の容量は3.8V 2420mAでした。


3/4は電池です。本体部分はNEC
からするとかなり小さいですね。

壊したコネクターはこんな感じです。(壊す前)↑
見た感じはIPADの電池コネクターと似てるので上に持ち上げるのではないですか?壊したので不明ですが!

表側です。中央がスイッチ右がUSB、左はLEDです。
さらにシールドを取り払います。

写真が左右反転しましたが1円と比較するとサイズがわかりますよね!

うら面です。

少し斜めから撮影すると品番がわかります。

これがアンテナでしょうね!

撮影したカメラはRICOHです。今回の撮影は古いタイプですがR7です。このような撮影には便利なカメラです。クリックすると撮影時のサイズに拡大します。

おすすめサイトリンク
クラウドでの印刷に困ってませんか PXDOC2
長崎血管外科クリニックニック-下肢静脈瘤 日帰り治療センター-

資金調達の窓口ランキング